2009年1月11日日曜日

雲月山 (911m)

当初比婆山方面に行く予定だったが、相当の積雪が予想されいつ到着できるかわからないので、目標を雲月山に変更した。
メンツはtakさん、ganzさんとの3人。
雲月山まではスキー場に向かう車の渋滞で、現地に到着したのは9時半。
しかも登山口まで車は入れず、単独で来られたと思われるスキーのトレースを歩き始める。
takさんはスノーシューを、自分もワカンを最初から装着するが、ganzさんはようやく購入したニュー登山靴のツボ足である。

最初はそこそこだった天候がだんだん悪くなってくる。
ほんの一瞬晴れ間が出たのを最後に、瞬間的に猛吹雪になる中を粛々と登り続ける。
途中、先行する山スキーを楽しんでおられる方に出会う。
この天候の中、こんな所で、あの重たい荷物を担いで既に2~3本滑ったとのこと。
自分もかなりきてる方だと自覚しているが、世の中にはまだまだ変わった人がいるものである。

雲月山山頂まで登り、ますますひどくなる雪の中を登山口まで戻り、避難小屋で遅い昼食と取る。
体の芯まで冷え切っているので、ただのカップラーメンがとんでもなくおいしく感じられる。
この時外したワカンを再び装着するのが面倒だったので、車までの道のりをツボ足で少し歩いてみたが、時々膝上まで足が潜り歩けたものでない。
ずっと、これで歩いていたganzさんの疲れは相当なものであったであろう。
ちなみにこの日はtakさんのGPSによると歩行距離9.5km、累積標高約1,000mであった。

帰りは「グリーンスパつつが」に寄る。
そして、ganzさんが運転する隣りでビールを飲みながら帰途に着く。
極楽である。
広島に戻る頃には暗くなっていた。
よく遊んだ一日であった。

登山口まで2.4km地点
登山口まで2.4km地点 posted by (C)TN

先行する山スキーのトレース
先行する山スキーのトレース posted by (C)TN

どんどん深くなる雪
どんどん深くなる雪 posted by (C)TN

登り始め
登り始め posted by (C)TN

一瞬の晴れ間(雲月山への稜線)
一瞬の晴れ間(雲月山への稜線) posted by (C)TN

一瞬の晴れ間2
一瞬の晴れ間2 posted by (C)TN

横殴りの吹雪
横殴りの吹雪 posted by (C)TN

どんどんひどくなる雪
どんどんひどくなる雪 posted by (C)TN

雲月山山頂
雲月山山頂 posted by (C)TN

木に積もる雪
木に積もる雪 posted by (C)TN

吹雪の中を下山中
吹雪の中を下山中 posted by (C)TN

ganzさんと自分
ganzさんと自分 posted by (C)TN

つぼ足のganzさん
つぼ足のganzさん posted by (C)TN

4 件のコメント:

ミノ さんのコメント...

TNさん、
今年もよろしくお願いします。
天気予報では大雪でしたが、まさにすげえ雪ですね。雪山を満喫したようですね。うらやましい。2月末までブログやWebで雪山を楽しみます。

TN さんのコメント...

ミノさん、こんばんは。
投稿ありがとうございます。
こんなひどい雪の山を登ったのは初めてです。
いつものようにザックの横に水のボトルを入れておいたら、最後は凍ってました。。
でも楽しかったですよ!
3月になったら一緒に行きましょう!

tak さんのコメント...

TNさん、こんばんは~
吹雪の山行お疲れ様でした。ganzさんの足元もこれで安心ですね(笑)
いよいよ雪も本調子になって、楽しみですね。あれから降り続いているようで、今現在100センチOverです。アプローチが問題ですが、どこに行っても楽しめそうです(笑)

TN さんのコメント...

takさん、こんにちは。
毎度投稿ありがとう。
こないだは楽しかったね。
あれだけ寒い思いをすると、温かいものなら何を食べてもおいしい、どんな温泉でも最高ですね。
あの快感ばかりは、やった人じゃないとわからないだろうね。
また、行きましょう!