2008年6月28日土曜日

八ヶ岳 (赤岳2899m)

週末1泊で八ヶ岳に行くことになった。
メンバーは金曜に東京出張があるtakさんと2人。
金曜の夕方に広島を発ち、羽田~新宿経由で長野県茅野市まで移動する。
新宿では重登山靴を履き巨大なザックを担いだ大学の山岳部らしい連中が大勢松本行きの「スーパーあずさ」を待っていた。
今時の若い人がしんどい登山に向かう光景はある意味新鮮であった。
街中をだらしない格好でウロウロしている若者と違ってカッコよく見えるから不思議である。

先発しているtakさんとは茅野駅から徒歩5分のホテルで22時半に合流する。
風呂に入ったりビールを飲んだりしているうちに寝るのが12時過ぎになってしまった。
翌朝は4時半に起床、6時過ぎの茅野駅始発のバスに乗り、7時には登山口のある標高約1500mの美濃戸口に到着する。
さっそく林道を歩き出すと飲み過ぎ&寝不足で最初しんどかったが、しばらくすると酒も抜けて快調に歩けるようになる。
赤岳山荘を過ぎると登山道に変わり、ようやく登山らしくなってくる。
標高2350m地点にある行者小屋にはコースタイム通り3時間弱で到着し、ここで一息入れることする。
この時点はまだ天候がよく、雲は出ているが真っ青な空が合間に見えてすがすがしい。
正直言ってここまでは楽勝で、「大したことねーな」などと密かに思っていた。
しかし、それはとんでもない大間違いであった・・・

ここから中岳のコルまで登り、そこから阿弥陀岳山頂までピストン縦走してから、赤岳山頂経由でこの日投宿予定の展望荘まで行く予定であった。
しかし、道を間違えてしばらく歩いているうちに雪渓に入り込んでしまう。
それほどの傾斜でもないし、地図を見るとコルで再び合流することになっている。
何よりもかなり登ってしまったので、今更下るのがいやでそのまま進むことにする。
しかし、ようやく雪渓が一旦途切れるところまで辿り着くと、最後に再び雪渓がありこれがかなりの急勾配である。
滑落したらシャレじゃ済まないので、合流まで残り数10mの地点まで登りながら仕方なく引き返すことにする。
下る途中で足が攣ったりしながら何とか道を間違えた所まで下る。
この時点で相当体力を消耗していた。

再び正規ルートで登り返すがペースがガタ落ちする。
そして、コルに着いた時には相当ヘバっていたので阿弥陀岳あきらめて赤岳に向かうことする。
ここからは本当にきつかった。
標高が高く気圧が低いからかそれほどのペースでもないのにやたらと息が切れる。
一歩30cmの超ヨチヨチ歩きで中岳まで登り、そこから最後の気力を振り絞って赤岳山頂まで辿り着く。
こんなにしんどい思いは山に登り始めて初めてだと思う。

14時過ぎに展望荘に到着してからはもう外をうろちょろする気も起きず、チェックインするなり買った冷えた缶ビールを飲みながらゴソゴソと持参した焼酎をザックから取り出す。
takさんとしばらく飲んでるうちに、静岡から来られた団体さんと一緒になり晩飯までの時間をバカ話をしながら過ごした。
17:30からの晩飯は豪勢なバイキングである。
こんなに高い山のてっぺんでこれだけのご馳走にありつけるとは思っていなかった。
この日は朝におにぎり2個、昼はカロリーメイト2本しか食べておらずさすがに腹が減っていた。
普段はそれほど食べないのだが、この時ばかりは2回もおかわりをしてしまった。
そして、19時前には泥のような眠りについていた・・・

夜中に何度か目が覚めたが、よほどくたびれていたのか朝までぐっすり眠れた。
そして4時に起床すると外は土砂降の大雨である。
もしかしたら曇りくらいで済むんじゃないかと期待していたが見事に裏切られたのである。
この日の横岳~硫黄岳と縦走する計画はあきらめて下山することにした。
朝5:30に山荘を一歩出るなり暴風雨の中、美濃戸口バス停までの約10kmの登山道を修行のごとく黙々と下山する。
山頂付近ではザックカバーやレインウェアーのフードが吹き飛ばされそうになるくらいの風である。
その上、岩場の下りは足元が濡れていて怖かった。
しばらく下って森林地帯に入ると風は落ち着いてくる。
しかし、雨がザーザー降りであることに変わりはない。
行者小屋からは川を渡らなければ下れないところが何箇所があり、増水していて前日と違って渡るのに難儀する。

ずぶ濡れになりながら9時過ぎに美濃戸口バス停に到着。
1本バスをやり過ごし八ヶ岳山荘で風呂に入り一息つく。
そして、茅野駅には11時頃に到着。
急いで帰る用事もないので中央線の鈍行に乗り、ビールを飲みながらちんたら東京都心に向かったのであった・・・

この週の平日はイベントがあったりしてずっと寝不足であったことに加え、前夜は4時間程度しか寝ていなかったとは言え、中岳から赤岳間のヘバり具合は無様であった。
まだまだ鍛錬不足であることを自覚せざるを得ない。
2日目は天候に恵まれずかなり厳しい環境下の下山であったが、それはそれで思いのほか楽しいものであった。
いずれにせよ、間違いなく再び訪れたい山である。
尚、takさんのGPSによると2日間の歩行距離は21.0km、累積標高は1750mであった。

林道
林道 posted by (C)TN

登山口
登山口 posted by (C)TN

柳川
柳川 posted by (C)TN

登山道からの景色
登山道からの景色 posted by (C)TN

花
posted by (C)TN

行者小屋手前から見る八ヶ岳
行者小屋手前から見る八ヶ岳 posted by (C)TN

行者小屋から見る赤岳
行者小屋から見る赤岳 posted by (C)TN

赤岳
赤岳 posted by (C)TN

行者小屋
行者小屋 posted by (C)TN

雪渓
雪渓 posted by (C)TN

??
?? posted by (C)TN

中岳登り2
中岳登り2 posted by (C)TN

赤岳登り
赤岳登り posted by (C)TN

花5
花5 posted by (C)TN

赤岳登りの岩場
赤岳登りの岩場 posted by (C)TN

赤岳山頂
赤岳山頂 posted by (C)TN

赤岳山頂2
赤岳山頂2 posted by (C)TN

赤岳山頂から望む展望荘
赤岳山頂から望む展望荘 posted by (C)TN

赤岳山頂から望む中岳と阿弥陀岳
赤岳山頂から望む中岳と阿弥陀岳 posted by (C)TN

舞い上がるガス
舞い上がるガス posted by (C)TN

展望荘の風力発電装置
展望荘の風力発電装置 posted by (C)TN

ねずみ男
ねずみ男 posted by (C)TN

岩場下り
岩場下り posted by (C)TN

滝
posted by (C)TN

増水した柳川
増水した柳川 posted by (C)TN

4 件のコメント:

tak さんのコメント...

TNさん、こんばんは~。
八ヶ岳はお疲れ様でした。強行軍でしたが、意外とゆっくり楽しめましたね。帰りの新幹線と翌日はしんどかったですが・・(笑)
今回は初八ヶ岳でしたが、雨に降られた事を含めても良い山でした。また改めて横岳以降の縦走路も行きたいですね。

2日目は雨でやたら寒かったですが、お陰で美濃戸で食べたうどんや八ヶ岳山荘での入浴が相当印象に強いです。そして終始ビールやらアルコールを飲んでいた事・・(笑)1日目の朝は正直しんどかったです。次回はしょっぱなは自制して望みましょう。

TN さんのコメント...

takさん、こんにちは。
毎度投稿ありがとうございます。
八ヶ岳は楽しかったですねー。
東京から週末1泊で行って来れることがわかりましたが、確かに翌日からきつかったですね。
その大きな理由として飲み過ぎってことがあるのでしょうけど。(笑)
前泊した金曜から3日間続けてほんとよく飲んだと思います。
次は少し控えましょうね。(多分無理)
そして、いつかまた行って次こそ硫黄岳まで縦走しましょう!

Hustle さんのコメント...

山小屋の酒は最高でしょう。私なら二日酔いなど関係ないが、誰かみたいに疲れて飲めないこともあるでしょう。

八ヶ岳とはいい響きですね。私も一度は登ってみたい。

しかし、まったくのねずみ男ですね。

TN さんのコメント...

ミノさん、こんばんは。
投稿ありがとうございます!
おっしゃる通り、山中で飲む酒は最高ですね。
自分で担ぎ上げたからでしょうか、本当にうまく感じます。

八ヶ岳は是非次こそ一緒に行きましょう。
雨の中の山歩きするのオツなものですよ。
でもその前に九重ですね。
今から楽しみです!