2008年1月27日日曜日

臥龍山 (1223m)

平日に相当雪が降っているはずなので、積雪に期待して臥龍山に行ってきた。
晴れ時々曇り。
メンツはミノさんとサクラギさんの3人。
戸河内ICで高速を降りて山に向かって走っているとぼちぼちと雪が見えはじめ、予想通り路肩にかなりの雪がある。
登山口近くの駐車場が積雪で入れないので、路肩に車を停めて登り始める。

取り付きから雪は相当深いが、先行する登山者のワカンの跡を追って登る。
登っているうちにますます雪は深くなり、ワカン跡でも膝まで足が潜りだす。
そうこうしているうちに先行する二人組みに追いついてしまった。
後方でしばし先方が進むのを待つが、歩き出す気配がないので仕方なく追い抜いて行く。

雪が深くてここまで来るのに既にかなりの時間を食っている。
しかし、実はここからが本当に大変だったのだ。
時々腰近くまで潜る雪の中を、つぼ足でラッセルしながら登るのがこんなにしんどいものだとは知らなかった。
新雪でトレースがないので赤いテープを頼りに汗だくになりながら進む。
こりゃちょっとヤバイぞと思いつつ、山頂手前の展望地がもう少しの所にあることはわかっていたし、天気もいいのでそのまま登り続ける。
高度が上がってくるにつれて木は氷で覆われ白銀の世界となってゆく。
すごい景色である。

途中で先頭をミノさんに交代してもらい苦労してようやく展望地に到着すると、すばらしい眺望が待ち受けていた。
しばらく景色を眺めていると、登り慣れてそうなヒゲのじーさんをリーダーとした20人近い団体が登ってきた。
登山ツアーだろうか?
全員ワカンをしているようだ。

展望地を譲り、山頂間際の岩場で昼食を取りながら団体が通り過ぎるのを待つ。
あの団体が通った後なら、かなり歩きやすいはずだと見ての事である。
作戦通り後を追って山頂に向かうと、これまでの苦労がウソのようであった。
出発時間を1時間早まったか。
しかし約1名、あれだけの数のワカンで踏み固めた後ですら、なぜか膝まで潜って苦労していた。(笑)

山頂を確認し、そそくさと下山にかかる。
当初考えていた千町方面への縦走はあきらめて登ってきた道を引き返す。
下りは踏み固められている上に、雪のクッションで実に楽である。

結局この日は往復わずか5kmに5時間近くかかった。
明日は久しぶりに筋肉痛になりそうである。
それにしてもすごい景色だったな・・・

スキー跡を歩く
スキー跡を歩く posted by (C)TN

ミノさんとサクラギさん
ミノさんとサクラギさん posted by (C)TN

登山道2
登山道2 posted by (C)TN

氷に覆われた木々
氷に覆われた木々 posted by (C)TN

凍った木と青空
凍った木と青空 posted by (C)TN

白銀の世界
白銀の世界 posted by (C)TN

ラッセルするミノさん
ラッセルするミノさん posted by (C)TN

雪に埋もれて起き上がれないサクラギさん
雪に埋もれて起き上がれないサクラギさん posted by (C)TN

展望地からの眺望
展望地からの眺望 posted by (C)TN

ミノさんと自分
ミノさんと自分 posted by (C)TN

山頂途中の岩場からの眺望
山頂途中の岩場からの眺望 posted by (C)TN

山頂途中の岩場からの眺望2
山頂途中の岩場からの眺望2 posted by (C)TN

白銀の世界2
白銀の世界2 posted by (C)TN

6 件のコメント:

cherryT さんのコメント...

楽しかったですねーっ!
景色もなんて素敵だったんでしょう!ただ雪の積もった木々ではなかったですね、アートな世界というのでしょうか、あんなに綺麗に雪をまとった木々を見るのは初めてです。
TN隊長が雪山大好きな意味がようやくわかりました^^

Hustle さんのコメント...

今回また新たな発見と経験ですた。大げさに言えば自然への挑戦でしたね。私は大したことなかったですが、皆さんは雪に遊ばれていましたね。笑、
しかし、雪山は美しい、神秘の世界ですね。

TN さんのコメント...

サクラギさん、こんばんは!
日曜は最高でしたね。
今回はちょっとでき過ぎだったかも知れませんが・・・
こんなに楽しいことばかりじゃありませんが、また未知の景色を求めて山へ行きましょう!

TN さんのコメント...

ミノさん、こんばんは!
ラッセルは大変でしたねー。
深い雪では自分があそこまで無力とは予想していませんでした。
そう言う意味では雪に完全に遊ばれていましたね。
お互い無理しない程度にぼちぼちやりましょう!

tak さんのコメント...

絶景ですね~!!
素晴らしいお天気に恵まれたようで・・。羨ましいッ。まさに白銀の世界ですね~。
私は色付く山々を横目に南へ・・エジプト展に行って来ましたよ。やはり目に付くのは山。。四国の山々、、ほんと綺麗で登りたい気持ちで一杯でした(笑)

TN さんのコメント...

takさん、こんばんは。
毎度投稿ありがとうございます。
この日は曇り時々晴と言った天候でしたけど、日が出たり翳ったりしながら変化する雪景色は感動ものでした・・・
あんなのを見てしまうとますますやみつきになってしまいますね。
次は是非一緒に行きましょう!
エジプト展の感想も聞かせて下さい!!