2007年11月23日金曜日

雲取山 (2017m) ②

前夜は、布団と毛布を4~5枚かぶり足を豆炭コタツに突っ込んで、20時には早々と寝てしまったので朝4時過ぎにはバッチリ目が覚める。
カメラは布団の中に入れて一緒に寝たので大丈夫だったが、そうしなかった携帯は寒さでバッテリーが死んでいた。
朝方にかけて相当冷え込んだようである。
出発の準備を済ませてから朝食を食べて6時過ぎには山荘を出る。
それにしても山荘従業員の態度が悪いな。
山小屋なのでサービスを良くしろとは言わないが、もう少し愛想よくできないものだろうか。
正直また来たいとは思わない。

さて、今日は雲取山から七ツ石山(1753m)~高丸山(1733m)~鷹ノ巣山(1736m)と縦走して、日原に抜ける予定である。
前日酒を飲んでいた時に、単独で来られていた方を誘って丁重に断られたコースなのだが、その理由がわかったのはこの日ずっと後のことである。
この方は私が持っている地図を見て、同行できないけどもっといい地図があるからとあげよう、と大変親切にして頂いた。

今朝も天候は完璧で朝焼けが美しい。
それに思っていたよりも暖かい。
登山道にびっしりと敷き詰められたような霜柱をザクザク踏み鳴らしながら、まずは雲取山を登り返す。
前日から中国地方では霜柱をあまり見ないなと思っていたのだが、山荘で教えてもらった話によると水分の多い関東ローム層は特に多いのだそうだ。
中には10cm近くまで伸びているものもある。

雲取山山頂につくと、早朝だからかきのうよりも空気が澄んでいて、雪化粧した南アルプスと富士山がはっきり見える。
等高線なんてまともに見ていなかったので、雲取山山頂からはなだらかな稜線を徐々に下る登山道を勝手にイメージしていたのだが、七ツ石山へは大きく高度を下げる道が続く。
そして、山頂に向けては再びかなりの急登を強いられる。
山頂からは富士山の眺望がすばらしく、ここ以降ずっと右手に富士山を見ながらの縦走が続く。
高丸山へも相変わらず厳しいアップダウンがあり、最後の鷹ノ巣山へは標高1500m台までたっぷり下らされてから、1736mの山頂まで登り返すことになる。
これには正直うんざりさせられたが、鷹ノ巣山山頂からは今日一番の富士山の眺望が楽しめ、すぐに忘れてしまう。
よくぞ2日連続でこれだけいい天候が続くものである。

ちなみにここまで誰にも会わない単独行であったが、鷹ノ巣山山頂でようやく登山客に会う。
その後ぼちぼち登ってくる方々とも言葉を交わして、11時前に下山を開始する。
ところがこの下山道がとてつもなく急峻かつ下り一辺倒でまいった。
スイッチバックが延々と続く。
大勢登ってくる登山客は例外なく苦しそうな顔をしている。
昼食も含め途中何度か休憩しながらようやく急坂を下りきると、今度は日の当らない薄暗い沢筋の登山道を散々歩かされる。
この頃になってようやくどうして同行を断られたか理解できた・・・

13時頃に一般道に出た所で、鷹ノ巣山山頂で一緒になった方と偶然再び出会い、その方に車で奥多摩の駅まで送ってもらえることになった。
バスが来るまで30分以上あったのでラッキーである。
昨夜もそうだったけど、親切な方が多いなぁ。

最高の天候の中、富士山を眺めながらたっぷりと山を歩けて実に充実した2日間であった。
また、これだけの距離と標高差を歩け通せたことは大きな自信となった。
一方、防寒対策意は今後検討要である。
これからの季節はカイロが必携かもしれない。

さて次は三瓶山だ。
楽しみである!

朝焼け
朝焼け posted by (C)TN

日の出
日の出 posted by (C)TN

雲取山山頂からの景色
雲取山山頂からの景色 posted by (C)TN

南アルプス
雲取山山頂から望む南アルプス posted by (C)TN

富士山
雲取山山頂から望む富士山 posted by (C)TN

七ツ山山頂から望む雲取山
七ツ山山頂から望む雲取山 posted by (C)TN

霜柱
霜柱 posted by (C)TN

高丸山への急登
高丸山への急登 posted by (C)TN

鷹ノ巣山山頂から望む富士山
鷹ノ巣山山頂から望む富士山 posted by (C)TN

沢
posted by (C)TN

沢沿いの石壁
沢沿いの石壁 posted by (C)TN

奥多摩駅
奥多摩駅 posted by (C)TN

2 件のコメント:

tak さんのコメント...

こんばんは~
階段落ち・・大丈夫でしたか?あと二日酔いも・・(笑)
先に前振りをたっぷり聞いていましたが、良い山行だったようで。。雲取山、良い山ですね~!ほんと富士山の絶景!まさに富士の展望台のようです。
南アルプスの稜線もそそりますね。いつかこの季節のアチラ側にも立ちたいですね(笑)
そしてたっぷりのアップダウンも楽しんだようですね~。ここまで体をいじめられると下山後のビールも美味かった事でしょう。
いよいよ今週末ですが、、楽しみましょう。

TN さんのコメント...

階段落ち&二日酔いは大変でした・・・

雲取山はよかったですよ~。
天気が良かったこともあって、とにかく富士山がきれいでした。
いつか一緒に行きましょう。
その時はいい(きびしい)ルートを案内しますよ。
今週末も楽しみにしています!