2009年8月29日土曜日

瓶ケ森 (1896m)~石鎚山 (1982m)

【初日】
takさんと瓶ヶ森と石鎚山を歩いてきた。
とはいえ、今回は一つもピークを踏んでいない。(自分は)
その理由はあとでもうちょい詳しく説明するとして、実は今回の主目的は四国在住のtakさんの山仲間との夜の宴会である。

微妙な天候の中、朝5時に広島を出発する。
東ノ川に到着したのが9時少し前。
宴会のメインディッシュである、伊予西条名物の芋炊きの材料を受け取りにtakさんの実家経由で行ったので少し時間がかかった。
ちなみに、takさんのザックは芋炊きの材料3人前+α(1.8Lのダシ付き)入りでとてつもない重さである。
そんなわけで、最初から非常にゆっくりのペースで瓶ヶ森に登り始める。
実は2年ほど前に同じ道を下ったことがある。
しんどかった覚えしかなく、その時はまさか避難小屋泊装備10数キロの荷物を担いでここを登ることになるとは思いもしなかった。

ようやく展望が開ける山頂直下まで登るとあいにくガスが出ている。
山荘シラサでの待ち合わ時間に遅れそうだったので、ここで簡単な昼食を取り山頂は諦め再び歩き出す。
鎖場が有名な子持権現山に登ろうとトライしたが、岩肌が濡れていてあまりにもおっかないのでこれも途中で断念。
そして、ここからはひどい藪の中を歩かされる。
今までこれほどひどい藪を漕いだことはない。
半分泣きが入りそうになりながら歩き続け、ちょうど16時に山荘シラサに到着。

風呂に入ってさっぱりしてから、宿泊予定の避難小屋に移動する。
ちなみに、下にある外からの写真は営業小屋の山荘シラサであり避難小屋ではない。
少しジメジメした林にあり、中はかなり微妙な感じである。
宴会風景が避難小屋内部なので、それを見ればどんな感じが想像できる思う。

ここでやまさん夫妻、ゆきねえさん、Goodtomoさんと合流し宴会を始める。
takさんの芋炊きは最高にうまかったし、車組が大量に持ち込んだ酒も十分であった。
特に初めて飲んだ屋久島の焼酎の「三岳」が口当たりがよくおいしかった。
みんな楽しい方ばかりでつい盛り上がってしまい飲み過ぎてしまった。
最後のへんはよく覚えていないが、宴会は11時頃まで続いたらしい・・・

東ノ川瓶ヶ森登山口
東ノ川瓶ヶ森登山口 posted by (C)TN

トリカブト
トリカブト posted by (C)TN

ジャコウソウ?
ジャコウソウ? posted by (C)TN

レイジンソウ
レイジンソウ posted by (C)TN

ハガクレツリフネ
ハガクレツリフネ posted by (C)TN

シコクフウロ
シコクフウロ posted by (C)TN

瓶ヶ森山頂直下
瓶ヶ森山頂直下 posted by (C)TN

子持権現山の鎖場とtakさん
子持権現山の鎖場とtakさん posted by (C)TN

藪漕ぎするtakさん
藪漕ぎするtakさん posted by (C)TN

山荘シラサ
山荘シラサ posted by (C)TN

宴会風景
宴会風景 posted by (C)TN

宴会風景3
宴会風景3 posted by (C)TN

宴会風景4
宴会風景4 posted by (C)TN

【2日目】
朝起きるとどうしようもないほどキモ悪状態であった。
完全な飲み過ぎである。
無理やり起きて、どうにか準備してGoodtomoさんに土小屋まで車で送ってもらう。

天気は最高で、土小屋から見える雲海に浮かぶ瓶ヶ森が美しい。
しかし、体調は最悪で、あまりの気持ち悪さにまともなペースで歩けない。
あげくに話しかけられた登山者には酒臭いといわれる始末。
まるでゾンビのごとくフラフラと歩き続け二ノ鎖まで何とか辿り着く。
天気はまたしてもガスってくるしtakさんが先に行くと言うので、自分はここで撤退を決意、成就社に下る・・・
この日は財布を避難小屋に忘れてしまい、それを拾いに戻らなければならず広島に帰着したのは20時半過ぎであった。

皆さん、大変お世話になりました。
そして、楽しい時間をありがとうございました。
また、どこかの山でご一緒にしましょう!

雲海と瓶ヶ森
雲海と瓶ヶ森 posted by (C)TN

雲海と瓶ヶ森2
雲海と瓶ヶ森2 posted by (C)TN

石鎚山を望む
石鎚山を望む posted by (C)TN

だんだんガスに巻かれていく石鎚山
だんだんガスに巻かれていく石鎚山 posted by (C)TN

さらに濃くなるガス
さらに濃くなるガス posted by (C)TN

12 件のコメント:

tak さんのコメント...

TNさん、こんばんは。
先週はお疲れ様でした。
書いてあるとおりいろいろありましたが、ほんと楽しかったですね。思い出はほぼ美化されました(笑)
今回の藪漕ぎはルーファンの難度は高かったので、自信もつきました(笑)是非次回も名うてのブッシュ攻めと行きましょう。
枝の枝豆も旨かったですよ。なんだか、やる気になれば酔狂な山宴会も可能ですね。
次回は酒に飲まれぬようにが課題ですね(笑)ほんと酒臭かったです。また行きましょう

TN さんのコメント...

takさん、こんばんは。
先週末はお世話になりました。
それにしても芋炊きはうまかった。
今度、ganzさんも誘って河川敷の芋炊き会場で食べたいですね。
財布(&ストック)を忘れ、えらく回り道をさせてしまってゴメン。。
ほんと、2日目朝の記憶がほとんどない・・・
それでも確かに、記憶が既に美化されつつありますね。
でも、あの藪漕ぎだけはかんべんですね。

M. さんのコメント...
このコメントは投稿者によって削除されました。
山本隊長 さんのコメント...

どうも!

土日は蒜山にて初のキャンプをしました。
瓶が森はキャンプの候補地に入れていたのですが、山荘の案内を見ると日帰り入浴無しだったので、まだこの季節は風呂に入りたいなと外したのですが、入浴できるの。
宴会ばっかりやっていると、我々みたいな誰にも相手をされない中高年になるよ。

名前が入れ忘れたので、前のコメント削除しました。

TN さんのコメント...

山本隊長、こんばんは!
投稿ありがとうございます。
HP拝見しましたよ。
ついにテントデビューですね!
確かにこの時期風呂なしは厳しいですが、もうじき涼しくなりますね。
重量物を担ぎ上げるのが面倒でしたら、避難小屋もいいですよ。
テントの重さ分、お酒を運べます!!

ゆきねえ さんのコメント...

こんばんは~。
二日酔いでの登山、お疲れ様でした~。
おもしろくブログ、拝見させていただきました~。
宴会は楽しかったですね~。TNさんが盛り上げてくれたおかげだと思います。
柔道部物語であんなに盛り上がれて、私はとても楽しかったです。
へべれけのTNさん、かなりおもしろかったです。朝は普通に見えたのは二日酔いで元気がなかったのですね(笑)。

またお会いできるといいですね~。

やま さんのコメント...

おはようございます。
重いザック、お疲れ様でした。
そして藪コキ、大変だったですね。
私もあの道は歩きましたが、さらに藪がひどくなっていたようですね。あの藪を歩きとおしたのは凄いです。
芋炊きに枝豆、美味しかったです。
宴会、楽しかったです。
柔道部物語、1.2の三四郎の小林まことさんだったのですね。1.2の三四郎は大好きでした。
翌日、私もちょっと二日酔いでした。二日酔いで東ノ川までお疲れ様でした。大変だったでしょう。
お天気、これで雨男は卒業でしょうか。(笑)
いろいろとありがとうございました。また行きましょう。

TN さんのコメント...

ゆきねえさん、こんな場末のブログに投稿ありがとうございます!
宴会は楽しかったですね~。
柔道部物語の話を超久しぶりにできておもしろかったです。
やや飲み過ぎで記憶が定かではありませんが・・・
今度は一緒に山に登りたいですね!

TN さんのコメント...

やまさん、こんばんは。
投稿ありがとうございます!
この度は大変お世話になりました。
やまさんのおかげで皆さんと楽しい時間を過ごすことができました。
しかも散々お酒をご馳走になってしまい申し訳ありません。。

奥様は大丈夫ですか?
この冬、石鎚で偶然にもご一緒させてもらった時はとてもお元気で、意外にも屋内系だと伺いびっくりしましたよ。
体調がよいときにまたご一緒させて下さいね!

ミノ さんのコメント...

TNさん、
まさしく宴会登山ですね。うらやましいね~。

思いっきり酒を飲んで、飲みつぶれて、次の日のことは考えない、これまたうらやましいね~。

豪快、豪快!

TN さんのコメント...

ミノさん、こんにちは。
毎度投稿ありがとうございます!
宴会登山盛り上がりましたよ~。
でも、もう二日酔いでの山歩きは勘弁ですね。。
それにしても、ミノさんもー来ればよかったのに!
次は是非一緒に行きましょう。

来週末はいよいよですね。
楽しみにしています!

ミノ さんのコメント...

宴会には参加したいが、、、
下界では腕力で若い奴らには何も言わさないが、山ではかなわねぇ~よ。

この歳だから誰にも気兼ねせずマイペースで上りたくてね。

週末はマイペースに上って絶景を堪能して豪快に酒を飲みますよ。